京都観光

  •  
  •  
  •  
  •  

日野誕生院

鮮やかな朱色の柱が目を引くお堂が印象的である観光スポットの日野誕生院。
この日野誕生院は慈愛をもって広く浄土真宗の布教に努めた高僧である親鸞聖人が生まれたことを記念して建てられた特別なお寺になります。

ちょっと新しいお寺の部類です

建てられた年は1931年・昭和6年ということですから比較的新しいお寺と言えるでしょう。
ちなみに宗派は浄土真宗本願寺派であり、本尊は阿弥陀如来です。

お堂の周辺を見ると長くまっすぐであり建物を取り囲むような廊下があります。
これは廻廊と呼ばれるもので当時の建築様式として有名でした。
廻廊はよく神社や仏閣に用いられた建築様式の一種ですが、様々な場所を訪問してみると用いられた建築様式が廻廊一辺倒でもありません。
各神社や仏閣の建築様式や構造の違いを見比べてみるのも楽しくて趣があるでしょう。

生まれた際に用いられた遺物が

境内を進むと人の形をした像が立派に立っています。
これこそは日野誕生院にゆかりある親鸞聖人がまだ幼かった6歳の頃のお姿なのです。
幼いけれども貫禄や慈悲深さが像より伝わってくるのではないでしょうか。

そして境内には井戸がありまして、それは親鸞聖人が生まれた際の産湯に使われたとされています。
その井戸のみだけではなく実は胞衣塚(えなづか)という親鸞聖人のへその緒が納められた塚も存在しています。
かの親鸞聖人に関する数多くの遺物に触れることができる素晴らしい観光スポットですから足を運んでみてはいかがでしょうか?

詳細情報

住所 〒601-1417 京都市伏見区日野西大道町19
TEL 075-575-2258 
拝観料 無料


交通アクセス

電車でのアクセス
・地下鉄東西線「石田」駅から徒歩約25分     
・地下鉄東西線「石田」駅、京阪「六地蔵」駅から、京阪バス「日野誕生院」バス停下車すぐ
車でのアクセス
名神「京都東」ICから約20分